P1180466_修正

ニュース & トピックス

研究室紹介

1983年4月、福井医科大学に泌尿器科学講座が開設され、河田幸道初代教授が着任されました。さらに同年10月、附属病院の開院にともない本格的な泌尿器科学講座の活動が開始されました。1988年2月からは岡田謙一郎(現・名誉教授)が第2代の主任教授となり、2001年3月までの13年間にわたり教室の運営にあたられました。その間、本学卒業生を主体として教室員はしだいに増加し、2002年8月時点で、同門会総勢 38名となりました。2002年5月からは横山修が第3代の主任教授として赴任し、また、8月からは秋野裕信が助教授となり、新体制のもと診療、研究、教育が開始されました。その後、三輪吉司、大山伸幸が講師として着任し、また、2003年10月の大学統合に伴い、福井大学医学部器官制御医学泌尿器科学講座として新たにスタートしました。2015年4月、秋野裕信は医療安全管理部の教授に就任し、代わりに伊藤秀明が泌尿器科学講座の准教授に着任しました。また、青木芳隆、松田陽介が講師として推挙されました。
現在、14名の医療スタッフが在席し、また、事務・教務補佐員4名を併せ、総勢18名で診療・研究・教育・学会運営に取り組んでいます。大学院生は7名で、下部尿路機能障害、尿路生殖器悪性腫瘍、性機能障害を中心に基礎研究に携わっています。2015年4月現在、同門会会員数は約60名となりました。